爆破予告、関市議を逮捕 コロナ対応に不満?市事務所に脅迫文

2020年06月30日 07:54

太田博勝容疑者

太田博勝容疑者

 岐阜県関市上之保の市上之保事務所に爆破予告の脅迫文を送ったとして、県警捜査1課と関署は29日、威力業務妨害の疑いで、同市広見、現職市議の太田博勝容疑者(67)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同事務所宛てに「事務所と市役所本庁舎に爆発物を仕掛けた」という趣旨の文書を郵送し、5月7日午後2時50分ごろから同4時40分ごろにかけて、市職員に爆発物の捜索をさせて業務を妨害した疑い。

 署によると、消印や市内の防犯カメラの映像などから太田容疑者が浮上した。市役所本庁舎には5月1日にも、新型コロナウイルスに関する市の窓口の対応を巡り不満を募らせていたとみられる内容の爆破予告文が届いており、署は関連を慎重に調べている。認否は明らかにしていない。

 同事務所によると、脅迫文はA4判1枚。ボールペンで手書きされ、封筒に入れられていた。新型コロナウイルスに関する内容の記述もあったという。

 太田容疑者は衆院議員秘書を経て2003年の市議選で初当選し、現在5期目。自民系会派「清流クラブ」に所属している。


カテゴリ: 事件・事故