今夏の一杯「新様式」ビアガーデン 料理は配膳形式

2020年07月02日 08:05

 岐阜市柳ケ瀬通のホテルグランヴェール岐山で1日、ビアガーデンが始まった。新型コロナウイルス対策のため客数を例年の半数以下に抑え、バイキング様式を取りやめるなど例年とは異なる雰囲気となったが、客らは開放的な屋外でおいしそうに喉を潤していた。9月22日まで。

 新型コロナの影響で1カ月半遅れのスタートとなった。料理や酒の提供は、客同士の接触を避けるため従業員による配膳に変更した。席数は350人から150人に削減。1テーブル当たりの人数も4人から2人に減らし、団体ごとにテーブル間の距離をとった。

 同ホテル営業部の浦島美津子さんは「配膳形式に変えたことで、家族や仲間とゆっくり話せるというメリットもある。ビアガーデンの新しいスタイルを楽しんでほしい」と話す。

 職場の仲間と来ていた岐阜市の50代女性は「とても楽しみにして来た。居酒屋とは違い屋外なのが良い。配膳してくれるのもありがたい」と笑顔だった。


カテゴリ: おでかけ グルメ 動画 新型コロナウイルス