鉱物きらきら神秘的な世界 岐阜県博物館で企画展

2020年07月04日 08:55

 「美しき鉱物の世界」をテーマに、鉱物の神秘的な魅力にスポットを当てた展示が、岐阜県関市小屋名の県博物館の常設展コーナーで開かれている=写真=。10月31日まで。

 岩石などを構成する、小さな粒子である鉱物の美しさを知ってもらおうと、同館が企画。奇抜な形なども含め29種31点を展示した。

 結晶化して長さ2~3センチにもなった黄鉄鉱は、光を反射して全体がきらきらと光る。結晶が放射状に延びたスコレス沸石は、ウニのような特徴的な見た目で、来場者らが興味深そうに見つめていた。壁掛けのパネル展示では、鉱物になぜ色が付くのかなどを詳細に解説している。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化