五輪競技題材の映画ポスター彩る 実写やアニメ166点

2020年07月05日 10:06

  • さまざまな競技を題材にした映画のポスター=羽島市竹鼻町、市歴史民俗資料館・映画資料館 
  • 前回東京五輪の公式記録映画を紹介したコーナー=羽島市竹鼻町、市歴史民俗資料館・映画資料館 
  • 川井梨紗子選手のチャンピオンベルト=羽島市竹鼻町、市歴史民俗資料館・映画資料館 

 岐阜県羽島市竹鼻町の市歴史民俗資料館・映画資料館で、五輪でも行われるさまざまな競技を題材に、国内外の映画のポスターやチラシを集めた「オリンピック応援 映画ポスター展」が開かれている。懐かしい作品から最近のものまで、国内外の映画のポスターが展示され、来館者を楽しませている。8月10日まで。

 実写やアニメの計166点を展示。故黒澤明監督が撮った柔道の「姿三四郎」(1943年)、野球の「フィールド・オブ・ドリームス」(90年)、岐阜市出身の映画監督磯村一路さんが手掛けたボートの「がんばっていきまっしょい」(98年)などのポスターが並ぶ。サーフィンに打ち込む聴覚障害者を描いた北野武監督の「あの夏、いちばん静かな海。」(91年)もある。

 64年の東京五輪の公式記録映画を紹介するコーナーを設けたほか、祖父母が羽島市内に住む女子レスリング日本代表川井梨紗子選手が昨年秋の世界選手権で獲得したチャンピオンベルトも飾られている。

 開館時間は午前9時~午後5時で、入館料は高校生以上300円。月曜休館。


カテゴリ: おでかけ