岐阜県内、6日にかけ大雨に警戒

2020年07月05日 08:41

 活発な梅雨前線が西日本から東日本に停滞している影響で、岐阜県内は大気の状態が不安定になっており、引き続き6日にかけて断続的に雷を伴った激しい雨が降る見込み。岐阜地方気象台は土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、3日午後1時の降り始めから4日午後4時までの雨量は揖斐郡揖斐川町で142ミリ、大野郡白川村御母衣と不破郡関ケ原町では114ミリ。5日午後6時までの24時間雨量は多い所で60ミリと予想されている。


カテゴリ: くらし・文化 社会