あふれる野性味!クマの脂が麺にからむ

2020年07月08日 08:47

◆ジビエラーメン山くじら 岐阜県高山市

 野生鳥獣肉(ジビエ)加工場「飛騨狩人工房」(高山市)を営む田中政亮さん(30)が2年前に始めた店。ジビエをふんだんに使う野性味あふれる一杯を提供している。

 人気メニューの「クマつけ麺」(税込み1200円)=写真=は、クマのだしのすき焼き風スープが特徴で、まろやかな脂が麺によくからむ。具材は年間で最も美味という冬のクマ肉と、ヒメタケのメンマ、山菜のワサビ漬けなど。どれも飛騨の山で採った旬の食材を使用している。

 猟師一家に生まれ育った田中さんは、家庭で当たり前だった山の幸の味を広く伝えようと試みている。「初心者もマニアも納得してもらえる一杯。『本物』のジビエを味わいに来て」と話した。

【メモ】▽住所 高山市国府町上広瀬40▽営業時間 午前11時30分~午後2時▽定休日 火、水曜日▽電話 0577(72)3186


カテゴリ: おでかけ グルメ