鉄道版の御朱印「鉄印」発売 明知鉄道など三セク40社

2020年07月09日 09:30

明知鉄道の鉄印と鉄印帳=恵那市明智町、明知鉄道

明知鉄道の鉄印と鉄印帳=恵那市明智町、明知鉄道

 第三セクターの明知鉄道(岐阜県恵那市明智町)は10日、鉄印(てついん)帳を発売する。神社仏閣の御朱印の鉄道会社版として、利用客に鉄印を集めてもらう。第三セクター鉄道等協議会加盟40社の共同事業で、各社が独自の鉄印を作製する。

 明知鉄道のオリジナル鉄印は、地元ゆかりの戦国武将明智光秀の家紋の青い桔梗と同鉄道のロゴマークをデザイン。全11駅の名前を記している。和紙製で、鉄印帳に貼り付ける。

 鉄印帳は2200円(税込み)、鉄印は300円(同)。鉄印を入手するには、当日乗車券の提示が必要。販売は、同鉄道恵那、明智駅で。40社全ての鉄印を集めると、シリアルナンバー入りのマイスターカード発行のサービスが受けられる。有料。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化