路線バスで荷物輸送 八幡観光バスとヤマト運輸

2020年07月14日 08:10

宅配荷物が入った専用ボックスを車内に積み込むヤマト運輸の担当者=郡上市八幡町初納、八幡観光バス本社

宅配荷物が入った専用ボックスを車内に積み込むヤマト運輸の担当者=郡上市八幡町初納、八幡観光バス本社

 八幡観光バス(岐阜県郡上市八幡町初納)は13日、路線バス車内の空きスペースを活用し、乗客と宅配荷物を一緒に輸送する「貨客混載」事業をヤマト運輸と共同で始めた。八幡観光バス本社で出発式があり、両社の関係者が赤字路線維持や物流を担うドライバーの負担軽減に期待を込め、第1便の出発を見送った。

 事業は八幡町の市街地と市内山間部の和良町を結ぶ和良線で実施。ヤマト運輸は同町に配達する荷物を営業所の郡上支店(八幡町有坂)で路線バスに積み込む。バスは始発のバス停から運行し、和良町近くのバス停で配送担当のドライバーに荷物を引き渡す。

 6月中旬から2週間ほど実証実験が行われ、効率や安全性などを確認してきた。ヤマト運輸によると、輸送区間は往復約24キロで、90分程度の運転時間が削減可能という。車椅子用のスペースに荷物入りの専用ボックスを固定し、1日当たり5~10個の宅配荷物の輸送を見込む。

 出発式では、八幡観光バスの平岩憲政社長が「少しでも安定した収入を確保したい」、ヤマト運輸岐阜主管支店の三木啓道支店長が「トラックからの二酸化炭素排出削減や効率化につなげたい」と期待を示した。


カテゴリ: くらし・文化 経済