国道崩落で通行無料 郡上八幡―飛騨清見IC間

2020年07月15日 08:33

 豪雨の影響で岐阜県下呂市小坂町門坂で国道41号が崩落し、通行止めになっていることを受け、中日本高速道路は14日午後1時から、東海北陸自動車道の郡上八幡インターチェンジ(IC)―飛騨清見ICの通行を無料とした。

 国道41号の代替路とするためで、当面の間、全車種を対象とする。無料措置は、東海環状自動車道の美濃加茂IC―東海北陸自動車道飛騨清見ICに続き2区間目。

 JR東海によると、土砂が線路に流入するなどして一部区間が不通となっている高山線は、飛騨萩原-飛騨小坂間と渚-高山間で20日の始発までに運転を再開する見込み。同区間は16日から、定期券や回数券を使う乗客を対象にバスで代行輸送を行う。沿線の国道41号が崩落した飛騨小坂-渚間は運転再開のめどが立っていない。


カテゴリ: くらし・文化 社会 経済