就活、対面とオンラインと 岐阜市でフェア

2020年07月19日 09:09

各ブースで採用担当者の説明を聞く来場者=岐阜市金町、市文化センター

各ブースで採用担当者の説明を聞く来場者=岐阜市金町、市文化センター

 転職希望者や2021年春卒業予定の大学生、短大生、専門学校生らを対象にした合同企業説明会「ぎふ就・転職LIVE2020」(岐阜新聞社主催)が18日、岐阜市金町の市文化センターで開かれた。会場での企業ブースに加え、企業説明の様子をライブ配信するなど対面とオンラインによる説明の機会を設け、学生らのニーズに対応した。

 新型コロナウイルスの影響で対面型の合同説明会が相次いで中止となり、説明会開催を求める企業のニーズは根強い。一方、学生側は感染リスクや移動費用の軽減などからオンラインでの説明会を望む声もあり、リアルとオンラインの"ハイブリッド型"として初めて企画した。

 会場には、印刷、サービス、建築業など県内8社がブースを出展。特設ステージでは、出展企業の担当者が順に登壇し、会社説明の様子をライブ配信した。

 来場した専門学校の男子学生(19)は「合同説明会に参加したのは初めて。話を直接聞くことができてよかった」と話していた。

 次回のぎふ就・転職LIVE2020は9月5日に同センターで開催する予定。


カテゴリ: 経済