大自然の冒険!通年型リゾート「ASOBOT」 ジップラインやバギーで非日常を遊び尽くす

2020年07月23日 09:13

  • 池の上を爽快に滑るアクアジップライン=郡上市明宝奥住、アソボット 
  • 特設コースを走り抜けるバギー=同 

 岐阜県郡上市のめいほうスキー場を運営するめいほう高原開発(同市明宝奥住)が敷地内に新設したアドベンチャーパーク「ASOBOT(アソボット)」が22日、グランドオープンした。雪のない夏季も楽しめる「通年型リゾート」を充実させる取り組み。安全を祈願する神事があり、関係者にお披露目された。

 同社は豊かな自然を生かし、これまでも夏季の行楽地としてキャンプ場やバーベキュー施設などを開設してきた。新たに自然の中で遊ぶことをテーマにした同パークを加え、夏季レジャーの選択肢を増やした。

 同パークは池の上に張られた長さ約100メートルのワイヤを滑車で滑る「アクアジップライン」、バギーに乗って1周約350メートルのオフロードコースを走行する「バギーパーク」、池の中でカヌーを楽しむ「カヌー体験」の三つの活動のエリアからなる。

 神事に続き、伊藤正司社長は「大自然を遊ぶテーマパークをコンセプトにオープンした。体験して楽しんでほしい」とあいさつ。地元の関係者ら約70人が各活動を楽しんだ。


カテゴリ: おでかけ