岐阜バス、ツアー再開 伊吹山や風鈴巡りなど屋外観光

2020年07月24日 08:58

バスツアーが再開し、乗車前に検温する添乗員=岐阜市橋本町、じゅうろくプラザ前駐車場

バスツアーが再開し、乗車前に検温する添乗員=岐阜市橋本町、じゅうろくプラザ前駐車場

 岐阜乗合自動車(岐阜バス、岐阜市九重町)の募集型バスツアー「ながら会ツアー」が23日、4カ月ぶりに運行を再開した。新型コロナウイルスによる新たな旅行スタイルを踏まえ、屋外の行程を増やすなど内容を見直した。一部のツアーは1日で予約が埋まるほど人気があり、担当者は「自粛疲れで旅行の需要は高まっている」と話している。

 再開したのは、伊吹山散策や不破郡関ケ原町の風鈴まつりを巡るツアーなど4コース。いずれも屋外観光が中心で、昼食はビュッフェ形式から1人前ずつの料理に変更するなど感染防止対策を取り入れている。

 乗客には、乗車前の検温や消毒を求め、2人席を1人で利用することで乗客同士の距離を確保。募集定員は新型コロナ前の半数にとどめているが、県観光連盟の助成金を使い、価格を抑えた。

 23日は、JR岐阜駅近くのじゅうろくプラザ前駐車場に朝からツアー参加者が集まり、検温してから順にバスに乗り込んだ。参加した岐阜市の女性(71)は「新聞広告が出た日に電話したが、午前中はつながらなかった。1年ぶりの旅行で楽しみ」と話していた。


カテゴリ: おでかけ 経済