駅舎一新、自然を一望 新穂高ロープウェイ

2020年07月26日 08:19

  • 雄大な景色の眺望を楽しめるラウンジ=高山市奥飛騨温泉郷神坂、新穂高ロープウェイしらかば平駅 
  • 新しいゴンドラ=高山市奥飛騨温泉郷神坂 
  • 新しいゴンドラのイラストの焼き目を付けた「ゴンドラ食パン」=同駅 

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の「新穂高ロープウェイ」で、新しい2階建てゴンドラの運行が始まった。ゴンドラだけでなく、発着するしらかば平駅もリニューアルし、開業50周年の節目に花を添えた。

 駅を全面的に改装。待合スペースを明るい雰囲気にしたほか、雄大な自然の眺めを楽しめるラウンジを新たに設けた。

 以前からあるパン店「アルプスのパン屋さん」の売り場を5倍広くするとともに、メニューを4種類加えた。中でも「ゴンドラ食パン」(税別370円)は、新ゴンドラのイラストの焼き目を付けたこの店ならではの商品だ。

 運営する奥飛観光開発(同市)営業推進部の男性(29)は「自然を楽しみながら、ゆったりくつろげる駅になった」とPRする。


カテゴリ: おでかけ グルメ