枝野氏「下呂温泉に期待」 豪雨被災地を視察

2020年07月26日 08:01

国道41号の崩落現場で国職員から被災状況の説明を受ける立憲民主党の枝野幸男代表=25日午後、下呂市小坂町門坂

国道41号の崩落現場で国職員から被災状況の説明を受ける立憲民主党の枝野幸男代表=25日午後、下呂市小坂町門坂

 立憲民主党の枝野幸男代表が25日、豪雨で被害を受けた岐阜県下呂市内を視察した。復旧に向けて「同じような災害を起こさないために、全国で一度、リスクのある場所を総点検する必要がある」と述べた。

 下呂市役所では山内登市長らから被災状況を、同市小坂町門坂の国道41号崩落現場では国職員から復旧への取り組みなどの説明を受けた。

 枝野代表は「国道41号の被害は広域に影響を及ぼしている。被害があっても対応できるようなバイパス機能と、被害を最小化するための備えの両面が必要」と指摘。政府の観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンについては、「今のタイミングで行うべきか議論はある」と前置きした上で、「同じ下呂市内でも下呂温泉は被害を受けておらず、観光客を受け入れることができる。安全であることを発信し、下呂市全体を支えていく役割がある」と述べ、温泉地域の活性化に期待を示した。


カテゴリ: 社会