ツバメヤ移転1日新装開店 もなかアイスなど新商品

2020年07月28日 09:58

  • 長良橋通り沿いに移転オープンするツバメヤの新店舗=岐阜市神田町 
  • 日ノ出町通りに面する店舗北側の窓からは菓子作りの様子が見える。新商品「もなかアイス」の販売カウンターも完成=岐阜市神田町、ツバメヤ 
  • 2階に設けられた商談スペース兼スタッフの休憩室=岐阜市神田町、ツバメヤ 

 岐阜市の柳ケ瀬商店街の一角で和菓子を販売する「ツバメヤ」の柳ケ瀬本店(同市日ノ出町)が8月1日、店構えを大きくして同市神田町の長良橋通り沿いに移転する。旧店舗と同じく、どら焼きやわらび餅など自然素材にこだわった無添加の和菓子約10種をそろえるほか、飛騨高山産もち米のもなかで無添加のアイスをはさんだ「もなかアイス」5種を新たに発売する。

 旧店舗は10年前にオープン。約7年前から表通りへの移転を検討していた。新店舗は鉄筋4階建て、延べ約660平方メートル。1階が店舗で、2階はスタッフの休憩や新商品開発のスペースとして使う。3、4階は倉庫。もなかアイス専用の売り場カウンターも設けた。

 お披露目会が開かれ、スタッフらが来場者を焼きたての菓子でもてなした。ツバメヤの岡田さや加社長(47)は「より地域に開かれた店にしていきたい」、商品プロデュースを手掛ける町野仁英(きみひで)さん(44)は「ツバメヤらしさを大切に、岐阜を代表する店に育てていく」と意気込みを語った。

 新店舗の営業時間は午前9時~午後8時。月曜定休。問い合わせは同店、電話058(265)1278。


カテゴリ: おでかけ グルメ