試合序盤の守備が鍵 FC岐阜あすアウェー鹿児島戦

2020年07月28日 13:20

26日のG大阪U-23戦で、空中で競り合う岐阜のMF川西(10)=長良川競技場

26日のG大阪U-23戦で、空中で競り合う岐阜のMF川西(10)=長良川競技場

 J3で5位のFC岐阜は29日、敵地の白波スタジアムで第7節の鹿児島戦に臨む。昨季はJ2で戦ったチーム同士で、対戦成績は岐阜の1分け1敗だった。27日の練習後、オンライン取材でゼムノビッチ監督は「互いにJ2に早く戻りたいと思っている。いい戦いになる」とライバル撃破を誓った。

 6位の鹿児島は前節のC大阪U-23戦でMF酒本がハットトリックを達成した。チームとしても過去2試合で計9得点を挙げるなど、攻撃力は高い。3試合続けて試合開始15分以内に先制点を奪ってもおり、指揮官は「立ち上がりが大きなポイントになる。点を取るいい選手が4人いるので、しっかり抑えたい」と力を込めた。

 相手の中3日に対し、岐阜は中2日での試合になるが「仕方ないこと。やるしかない」ときっぱり。2季ぶりの連勝中。「勝つことは自信になるが、油断してはいけない。選手の気持ちをコントロールしながら、いいモチベーションを維持して頑張る」と表情を引き締めた。


カテゴリ: FC岐阜