赤十字病院の医師と職員感染 外来休止

2020年07月29日 08:12

臨時休診を知らせる張り紙=28日午後、岐阜市岩倉町、岐阜赤十字病院

臨時休診を知らせる張り紙=28日午後、岐阜市岩倉町、岐阜赤十字病院

 岐阜赤十字病院(岐阜市岩倉町)は28日、50代男性医師と、受け付け事務を担当する50代女性委託会社職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも感染経路は不明。男性医師が担当した患者はPCR検査する。

 病院などによると、2人はいずれも岐阜市在住で、所属の科は異なる。27日に男性医師が発熱し、女性職員も体調不良を訴え、それぞれ自宅待機していた。2人とも28日にPCR検査で陽性が確認された。

 病院は29日から31日まで、新規の入院と救急患者の受け入れを停止するとともに、人工透析など必要性のある患者を除き外来診療を休止する。2人と濃厚接触の可能性がある職員については調査中という。


カテゴリ: 医療 新型コロナウイルス 社会