県内ようやく梅雨明け 昨年より8日遅く

2020年08月01日 12:08

梅雨明けし水遊びをする親子=岐阜市美江寺町、美江寺公園

梅雨明けし水遊びをする親子=岐阜市美江寺町、美江寺公園

 名古屋地方気象台は1日、東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。東海地方は平年より11日、昨年より8日遅かった。

 岐阜地方気象台によると、6月10日~7月31日の梅雨期間の降水量は7月豪雨の影響で、岐阜市が平年の2倍近い906・5ミリ(平年460・3ミリ)、高山市が約3倍の1149・5ミリ(同375・9ミリ)を記録した。

 1日の県内は高気圧に覆われ、おおむね晴れの見込み。予想最高気温は岐阜市が36度、高山市が32度。


カテゴリ: 社会