池田温泉に「福」が住む 2代目ヒキガエル、人気キャラに

2020年08月05日 09:51

池田温泉公式イメージキャラクターの「福ちゃん」とオリジナルピンバッジ=池田町片山、同温泉新館

池田温泉公式イメージキャラクターの「福ちゃん」とオリジナルピンバッジ=池田町片山、同温泉新館

 岐阜県池田町片山の池田温泉には公式イメージキャラクターの「福ちゃん」がいる。雌のヒキガエルで、今は2代目だ。利用客の幸せを願う福の神として、職員が大切に育てている。

 2003年3月に同温泉新館がオープンした際、初代福ちゃんが、脱衣場の外の小庭で見つかり、そのまま住み着いた。職員は「人々の幸せを願う福の神になってほしい」と思い、福ちゃんと名付けて育てた。

 08年には同温泉のイベントで、子どもたちに福ちゃんのデザイン画を描いてもらい、職員が1点選んでキャラクター化した。その後、オリジナルピンバッジやクリアファイルなどを作り、幅広くPR。温泉のスタンプカードにも福ちゃんを取り入れた。

 活躍した福ちゃんは、18年春に死んでしまった。職員が近くのため池でヒキガエルを探したが、見つからなかったため、19年春に初代とよく似たヒキガエルを購入し、2代目福ちゃんとして迎えた。体長約5センチでまだ小さく、飼育ケースに入れて職員が大事に育てている。成長したら庭に放し、利用客に見てもらえるようにする。

 同温泉新館の日比良幸支配人(43)は「愛情をたっぷり注いで育て、早くお客さんにお披露目したい。皆さんにもかわいがってもらえれば」と話す。


カテゴリ: くらし・文化