岐阜市金華地区にマンション建設 屋上に花火観賞テラス

2020年08月08日 09:19

新築分譲マンションのイメージ図

新築分譲マンションのイメージ図

 近鉄不動産(大阪市)は7日、岐阜市本町に新築分譲マンションを建設すると発表した。今年1月に着工し、2021年1月の完成予定。今年9月上旬から販売を始める。

 鉄筋コンクリート7階建てで、総戸数24戸。敷地面積は888平方メートル。建設地の金華地区は市が景観計画重要区域に指定し、高さ制限を設けている。

 建物は「和」と「迎賓」の機能を兼ねた「和美迎賓邸宅」をコンセプトに、歴史景観が残る街に溶け込むようなデザインを強調。屋上には、長良川の花火を観賞できる「花火テラス」を設ける。

 完成までは、愛知県一宮市の一宮ローレルギャラリーで物件を案内する。問い合わせは同ギャラリー、フリーダイヤル(0120)922450。


カテゴリ: 経済