アニメ「やくも」ロケ地マップ作成へ 活用推進協発足

2020年08月21日 09:16

  • テレビアニメ化される「やくならマグカップも」のポスター 
  • アニメの活用を呼び掛ける古川雅典市長=多治見市新町、市産業文化センター 

 陶芸好きの女子高生が主人公の岐阜県多治見市を舞台とした学園漫画「やくならマグカップも」(通称・やくも)がテレビアニメ化されることを受け、市などでつくる活用推進協議会が19日、発足した。来年の放送に合わせた観光誘客に注力し、アニメを起爆剤に地域の活性化を狙う。

 同市新町の市産業文化センターで発足会が開かれ、協議会役員を務める市観光協会や陶磁器業界、経済団体の関係者ら9人が出席。アニメのロケ地マップの作成やキャラクター商品の開発など本年度の事業計画案を承認した。

 協議会長に就任した古川雅典市長は「こんなチャンスはめったにない。それぞれの立場で協力し、この町の文化である美濃焼やタイルをもう一度復活させよう」とあいさつした。

 フリーコミックの「やくも」は地域おこしを目的に、2012年からIT企業プラネット(同市太平町)が発行し、これまでに32巻を刊行。陶芸部で活動する女子高生4人の青春を描いている。


カテゴリ: エンタメ 政治・行政