松井 英介氏
(まつい・えいすけ=医師、岐阜環境医学研究所長)

2020年08月21日

 19日午前0時30分、骨髄異形成症候群のため岐阜市長良雄総878の16の自宅で死去、82歳。三重県出身。葬儀・告別式は家族のみで行う。喪主は妻和子(かずこ)さん。

 長良川河口堰の建設反対運動、岐阜市椿洞の産業廃棄物不法投棄問題では全量撤去を求める市民活動を行った。放射線医学を専門とする立場から、福島第1原発事故による子どもの健康への影響を調べる市民団体の立ち上げ、内部被ばくの調査にも携わった。2001年まで岐阜大医学部助教授を務めた。


カテゴリ: 訃報

関連記事