ナシ狩り、甘さ漂う 美濃加茂の観光農園

2020年08月27日 09:49

ナシ狩りを楽しむ女性たち=美濃加茂市山之上町

ナシ狩りを楽しむ女性たち=美濃加茂市山之上町

 岐阜県内一のナシ産地、美濃加茂市山之上町の観光果樹園でナシ狩りが始まった。

 同町では農家約140戸が約44ヘクタールでナシを栽培し、直売している。ナシ狩りには例年約7千人が訪れるといい、今年は4戸が観光果樹園を運営。実は小ぶりだが、甘いという。

 果樹園では、県内外から訪れた観光客らが頭上に実った品種「幸水」をもぎ、木陰でみずみずしい甘みを満喫している。知人に誘われてナシ狩りを初めて体験したという可児市の大学生(21)は、収穫したその場でナシの皮をむいて頬張り「シャキシャキで甘くておいしい」と笑顔を見せた。

 ナシ狩りは、フルーピア山之上(山之上果実農業協同組合)で受け付ける。品種は8月末までが幸水、9月上旬から「二十世紀」に変わる。10月11日まで。入場料は税込みで中学生以上1100円、小学生880円、3歳以上の幼児660円。時間無制限で食べ放題。問い合わせはフルーピア山之上、電話0574(25)4101。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化