岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜県が「第2波非常事態」宣言解除



 岐阜県の古田肇知事は1日、新型コロナウイルスの県内での感染拡大を受け、7月31日から8月末を期限に独自に発令している「第2波非常事態」の宣言を解除する方針を示した。

 1日午後に県庁で開かれた新型コロナの対策会議で明らかにした。

 解除の理由には、確認される新規感染者数が一桁の日が続くことや県民に外出の自粛などを求める際に参考とする五つの基準指標で四つが下回っていること、第2で形成されたクラスター(感染者集団)の15集団のうち14集団が収束した点などを挙げた。

 宣言は解除するが、クラスターの発生状況を踏まえ、感染リスクの高いとされる締め切った場所での大人数や酒類を伴う飲食の回避、家庭内や集団生活の場での感染防止を呼び掛ける。

 この他、新型コロナに感染した人への誹謗(ひぼう)中傷を防ごうと、県内42市町村長と連名で「ストップ・コロナハラスメント宣言」を発表した。

カテゴリ: 政治・行政 新型コロナウイルス