輝くスッポン浮かぶ「名月」 アクア・トトでアルビノ展示

2020年09月09日 09:52

黄色いスッポンと魚で月見を表現した水槽=各務原市川島笠田町、世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ

黄色いスッポンと魚で月見を表現した水槽=各務原市川島笠田町、世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ

 10月1日の中秋の名月を前に、岐阜県各務原市川島笠田町の世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふは、黄色のスッポンを満月に見立てた水槽「トトの水中お月見」を展示した。同5日まで。

 季節ごとの年中行事を生き物で表現する1階エントランスのテーマ水槽で展示している。

 スッポンは、遺伝子の突然変異で色素が抜けたアルビノの個体。水槽ではスッポンとともに、鮮やかな黄色の淡水魚イエローサンセットムーン50匹が月明かりを連想させるように泳ぐ。食品サンプルの団子やススキも飾られ、一足早いお月見気分を演出している。

 担当した八代彩子さんは「珍しい色のスッポンと、お月見気分を楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛けている。


カテゴリ: おでかけ