ドコモ口座不正、大垣共立銀で計180万円被害 全額補償の方針 

2020年09月12日 08:51

 大垣共立銀行は11日、NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を使った不正な預金引き出し被害が発生したことを受け、ドコモ口座に同行の口座を登録しているすべての顧客に郵送で連絡するといった今後の対応を発表した。

 同行では10日時点で8件・約180万円の被害を認定。被害に遭った可能性のある顧客には個別連絡をすでに行っており、ドコモと連携して全額補償する方針を示している。

 また今後はセキュリティーを強化する方針で、現在の認証方式に加え、追加認証を導入する考え。


カテゴリ: 社会