岐阜市と瑞穂市の男女2人の感染確認 岐阜県で累計596人に

2020年09月15日 22:41

 岐阜市は15日、新たに同市と瑞穂市で男女2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者数は累計で596人となった。

 県と岐阜市によると、感染が判明したのは同市の40代男性と瑞穂市の60代女性。男性は名古屋市の患者の接触者として検査を受け、陽性と判明した。同居家族3人は陰性だった。女性は発熱やせきがあり、岐阜市内の病院を受診して陽性と分かった。感染経路は不明。同居家族1人を検査する。

 24人の感染が確認された土岐市や可児市、多治見市の複数の家族、職場を巡るクラスター(感染者集団)関連では、県は感染した児童が通う小学校で他の児童らのPCR検査を行っている。結果は16日以降に出る見込み。

 15日は1人が退院した。


カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会