大人の発達障害者、自立を考える ドキュメンタリー映画上映

2020年09月16日 10:23

大人の発達障害をテーマにした映画「だってしょうがないじゃない」が上映された会場=岐阜市司町、みんなの森ぎふメディアコスモス

大人の発達障害をテーマにした映画「だってしょうがないじゃない」が上映された会場=岐阜市司町、みんなの森ぎふメディアコスモス

 大人の発達障害を描いた映画「だってしょうがないじゃない」(2019年)の自主上映会が、岐阜市司町のみんなの森ぎふメディアコスモスで開かれ、知的障害がある子を持つ家族ら約50人が親亡き後の障害者の自立の難しさや、引きこもりの50代と80代の親が生活に困窮する「8050問題」に伴う住居問題について理解を深めた。

 上映会は知的障害者やその親たちでつくる県手をつなぐ育成会(岐阜市)が、当事者やその家族だけでなく地域全体で支援の在り方を考えてもらおうと企画した。

 映画は、発達障害を抱えながら独居生活を送る60代の伯父の日常を、発達障害と診断された坪田義史監督が3年間撮り続けた長編ドキュメンタリー。障害年金や福祉サービスの支援を受け、住み慣れた借家で暮らす伯父が直面する現実などが描かれており、参加者が見入っていた。上映後は、同会の社会福祉士ら専門家による相談会も行われた。


カテゴリ: 医療 社会