県内在住者向けに宿泊料割引 平日3500円、休日2000円

2020年09月18日 08:35

 岐阜県と県観光連盟は17日、県内在住者を対象に、県内のホテルや旅館での宿泊料を平日3500円、休日2千円割り引くキャンペーンを23日から始めると発表した。キャンペーンは今回が第3弾で、新たに平日割引を導入する。国の観光支援事業「Go To トラベル」と併用した場合、割引率は最大で70%となる。

 県の「『安心ステイ~ほっと一息、ぎふの旅』宿泊キャンペーン」の一環で、取り扱い旅行会社はJTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、東武トップツアーズ、ジェイアール東海ツアーズ、名鉄観光サービスと農協観光の7社。旅行の期間は11月16日帰着までで、1人1泊1万円以上(税込み)の宿泊に対して割引を適用する。申し込みは店頭かウェブで対応する。

 宿泊料が1万円の場合、キャンペーンと「Go To トラベル」を併用すると、宿泊料は平日3千円、休日4500円となる。

 また、大手旅行予約サイト「じゃらんnet」のウェブサイトでは宿泊割引のクーポンを発行する。大人2人以上で合計2万円以上(税込み)の宿泊料を、平日限定で7千円または全日4千円それぞれ割り引くクーポンを各1300枚配布する。


カテゴリ: おでかけ 政治・行政