フォークリフトにひかれ75歳死亡 揖斐川町

2020年09月29日 08:57

 28日午後3時10分ごろ、岐阜県揖斐郡揖斐川町上野のコメなどを貯蔵する施設「揖斐カントリー」の敷地内で、コメの納品に訪れた同町小谷の農業の女性(75)が、同町房島のパートの男性(77)が運転するフォークリフトにひかれた。女性は大垣市内の病院に搬送されたが、間もなく死亡した。

 揖斐署によると、施設はいび川農業協同組合(JAいび川)が運営し、農家が収穫したコメを保管する。女性は夫とコメの納品に訪れ、男性は重さ3・7トンのフォークリフトでコメを運搬中だった。JAいび川の関係者が「女性がフォークリフトの下敷きになった」と119番した。署で事故原因を調べている。


カテゴリ: 事件・事故