岐阜県で新たに1人感染 可児市の外国籍の女性

2020年09月29日 21:32

 岐阜県は29日、新たに可児市に住む外国籍の40代女性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者数は累計623人となった。

 可児市では28日、外国籍の親族ら計8人のクラスター(感染者集団)が確認されている。県によると、女性はクラスターとの関連はなく、感染経路は不明だという。県は同居家族ら2人のPCR検査を行う。

 29日発表の退院者は1人だった。また、重症となっていた羽島郡岐南町の50代男性の症状が軽くなり、県内の重症者は2人となった。


カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会