岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


名月に浮かぶ岐阜城



岐阜城の背後に昇る中秋の名月=1日午後5時59分、岐阜市内(1500㍉相当のレンズ使用)
岐阜城の背後に昇る中秋の名月=1日午後5時59分、岐阜市内(1500㍉相当のレンズ使用)

 旧暦で8月15日にあたる「中秋」の1日、岐阜市内でも真ん丸に近い名月が夜空に輝いた。旧暦と天文学的な日付のずれのため、実際の満月は2日。

 秋の夜長に名月をめでる習慣は平安時代に中国から伝わったとされる。この日、岐阜市は最高気温28・6度と9月中旬並みの夏日となったが、日暮れとともに秋の虫の音が響いた。

 午後6時ごろ、同市郊外から約6キロ先の金華山を望むと、大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の舞台にもなった岐阜城(稲葉山城)の背後にオレンジ色の月が姿を現し、さながら戦国絵巻の様相を見せた。

カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース