ふわふわ高級食パン、超軟水使用 清流里山公園で開店

2020年10月10日 09:52

10日に開業する「美濃加茂製パン処わかお」=美濃加茂市山之上町、ぎふ清流里山公園

10日に開業する「美濃加茂製パン処わかお」=美濃加茂市山之上町、ぎふ清流里山公園

 岐阜県美濃加茂市で洋菓子を製造する若尾製菓は10日、同市山之上町のぎふ清流里山公園に「美濃加茂製パン処(どころ)わかお」を開店する。郡上市の天然水で超軟水を使ったふわふわな食感の高級食パンが売りで、「焼かずにそのまま味わってみて」と店員らは自信を見せる。

 町屋造りの木造民家「なつかし工房」の一部を店舗に改装した。高級食パンは小麦粉と発酵バター、蜂蜜を使用し、上品な甘さと柔らかな食感に仕上げた。公園内で採集された蜂蜜をシロップに塗ったクロワッサンも製造し、パンを通して中濃の里山の自然を味わってもらう。

 土、日曜日は公園を訪れる観光客への販売が中心で、平日は本社敷地内の直営店「たんど~る」や蜂屋工場で販売するほか、市内の大手工場での移動販売や、6日に開業した「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園」での宿泊者への朝食販売も模索している。

 同社はパン製造は初の試みで、本多潔店長(55)は「新型コロナウイルス感染症の流行で自宅待機が明けた直後からパンに取り組み、試行錯誤の末にたどり着いた味」と話す。

 価格はともに税込みで、高級食パンは2斤810グラム千円、クロワッサンは7個セットで500円。


カテゴリ: おでかけ グルメ