歩道で女子大生の腕つかんだ疑い 岐阜大職員を逮捕

2020年10月17日 19:27

 岐阜北署などは17日、暴行の疑いで、岐阜市折立、岐阜大職員の容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は15日午後5時40分ごろ、同市折立の歩道で、市内の女子大学生(21)の左腕をつかみ、引っ張る暴行を加えた疑い。

 署によると、大学生は通りがかりにいきなり腕をつかまれたとみられる。大学生が署に「男に手を握られた」と相談、捜査を進めて容疑者が浮上した。現場付近では9月下旬以降、若い女性が突然声を掛けられる事案が多発しており、関連を調べる。


カテゴリ: 事件・事故 社会