岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


飲食伴うクラスター2件発生 岐阜県で9人感染確認



 県と県教育委員会は22日、新たに関市や多治見市など4市の9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。一日に発表する新規陽性患者数が5人を上回るのは先月28日以来。飲食を伴う接触が一因のクラスター(感染者集団)が2件発生し、7月以降の第2波で確認された県内のクラスターは19件となり、県内の感染者数は累計で660人となった。

 県によると、9人はいずれも21日までに判明した陽性患者の接触者として検査を受け、感染が分かった。クラスター関連では、1件は20日に陽性が判明した関市の60代男性の60代の妻、男性と食事した、関市の60代男性3人、美濃市の60代男性の計6人。それぞれの同居家族や別居の親族、職場の同僚など計80人を検査する予定。

 別の1件は、18日に陽性となった多治見市の60代女性が経営する飲食店を訪れた3人のうち、多治見市の60代男性、別の1人と他所で飲食した多治見市50代男性の陽性が判明、名古屋市の陽性患者を含め計6人のクラスターとなった。接触者計15人を検査する予定。

 このほか、21日に陽性が判明した可児市の女性の同居家族で、可児工業高校の男子生徒と土田小学校の男子児童が陽性となった。両校は22、23日を休校とした。同高で45人、同小では81人の同級生らを検査する。

 また、21日に従業員1人の感染が判明した多治見市の飲食店が検査への協力のため、店名「クラブプラチナ」を公表した。13、15日に計13人程度の客がいたといい、県は来店者に東濃保健所、電話0572(23)1111へ連絡するよう呼び掛けている。

 このほか、美濃市は市学校給食センターに勤務する従事者1人の感染が確認されたため、22日の市内小中学校7校計約1500人分の配食を取りやめた。消毒作業などの影響で、23日と26日は自宅から昼食を持参する対応を取る。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会