岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


ナイトクラブのクラスター拡大 岐阜県で新たに3人感染



 岐阜県は24日、新たに可児市と羽島郡笠松町で3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。ナイトクラブ関連でのクラスター(感染者集団)では新たに2人の感染者が確認された。感染者数は累計671人となった。

 県によると、23日に認定された「クラブプラチナ」(多治見市)関連のクラスターで、新たに感染者の母親で可児市の50代女性と、女性の孫で10歳未満の男児の感染が分かった。男児は今渡北小学校の男子児童で、同小では61人の同級生らを検査する。クラスターの規模は8人となった。

 店名を公表したクラブプラチナには24日までに7件の問い合わせがあった。県では引き続き来店客に東濃保健所、電話0572(23)1111へ連絡するよう呼び掛けている。

 この他、羽島郡笠松町の50代女性は、22日に陽性が判明した同町の50代男性の接触者。

 県によると、クラスター関連のPCR検査では可児市の土田小学校で76人全員の陰性を確認した。

 24日発表の退院者はいなかった。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会