岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


カピバラも「ハッピーハロウィーン」 高校生栽培の巨大カボチャ贈る



 岐阜農林高校(北方町北方)の生徒が23日、ハロウィーンに向けて育ててきた巨大カボチャをお化け形に加工し、世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ(各務原市川島笠田町)で飼育されているカピバラに、餌を詰めてプレゼントした。

 同館ではハロウィーンの時期にカピバラへ巨大カボチャをプレゼントしており、今年は初めて同校にカボチャの栽培を依頼した。

 この日は栽培に携わった園芸科学科の3年生18人が同館で展示飼育スタッフと共に巨大カボチャをお化けの顔のように加工。ナイフや彫刻刀を器用に使い、ハート形の模様を入れるなど工夫を凝らして6個を作った。生徒の代表者1人と飼育スタッフの平出雛子さん(24)が展示スペースへ入り、牧草やリンゴを入れてプレゼント。カピバラが食べ始めると宮崎さんは「くり抜くのは大変だったけど、喜んでくれて良かった」と笑顔を見せた。

カテゴリ: 動画 社会