岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


光芒現れる神秘の川、大河で人気急上昇の城跡 山県市



 地元の魅力を尋ねると、ほとんどの人が「豊かな自然」と答えた。面積の約8割を森林が占める岐阜県山県市。県都岐阜市に隣接し、都市部に近い「田舎」には、癒やしを求め、多くの人が引きつけられる。

 「自然や文化、歴史など、ここにしかないものがある」。市内の魅力を再発見し普及している「山県の『よさ』を見つけましょう会」の会長、西村覺良さん(77)=同市大桑=は力を込める。

◆澄んだ水絶景の円原川

 西村さんのお薦め自然スポットは、北部を流れる円原川の伏流水。岩間からこんこんと湧き出る水は、透明度が高く、岩場のコケとのコントラストが絶景だ。夏の朝には、木々の間から幾筋もの陽光が差し込む「光芒(こうぼう)」と呼ばれる神秘的な現象が見られ、多くの写真愛好家らが訪れる。「自然の偉大さを感じることができ、心が癒やされる」

20201025091339-b8b4e071.jpg

 市外からの注目度も高まっている。市が3月に配布した風景写真のカレンダーには全国から申し込みが殺到、1500部が3週間ほどでなくなった。

◆「麒麟」で人気の大桑城跡

 人気急上昇中のスポットもある。NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に登場する大桑城跡。市中央部の古城山(407メートル)にあり、戦国時代に美濃国守護の土岐氏が拠点を置いていた。2019年度の1年間で千人程度だった古城山の登山者は、今年8月だけで約2千人と大幅に増えた。

 山頂部の城跡では、今年5~7月の市教育委員会の調査で、新たに30カ所の石垣が確認された。土岐氏が当時では最新の石垣の技術を城造りに取り入れたことを示す重要な発見で、城の価値が一層高まった。

 登山道を進むと石垣を見学でき、山頂では、濃尾平野や岐阜市の金華山など雄大な景色を一望できる。金華山の岐阜城の城主で、大桑城を落とした戦国武将・斎藤道三と土岐氏の戦いなど、歴史ロマンを感じられるのも楽しみの一つ。

20201025091404-c1593f66.jpg

 市教委は、2024年度の国史跡指定を目指し、発掘調査などを進める予定で、今後も注目を集めそうだ。西村さんは、今月18日に設立した市民団体「大桑城跡を学び・守り・発信する会」の会長も務め、「多くの人に城の価値を伝え、古里に理解を深めてもらう」と情報発信に意欲を燃やす。

 豊かな自然や歴史に注目が集まる一方、過疎化が大きな課題となっている。若い世代が結婚や就職などを機に、岐阜市や関市といった近隣市や愛知県などに転出しており、人口減少が深刻。市の試算では、60年には人口が約1万人になると予測する。ピーク時の1995年の約3万1500人から3分の1以下に減る見通しだ。

 こうした中、市内三名山の一つ、舟伏山(1040メートル)の麓にある北山地区では、人を呼び込もうと、地元食材を使った料理が味わえる農家レストラン「舟伏の里へ おんせぇよぉ~」(神崎)が奮闘している。市の集落支援員を務める山口晋一さん(39)=中洞=が「どんどん寂しくなってしまう地域の役に立ちたい」との思いで、住民と2013年から運営している。

 廃校となった北山小学校の一角に店を構え、外観は少々廃れ気味だが、一歩足を踏み入れると、小学生の時にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな気分になる。

 「おんせぇよぉ~」は地元の方言で「いらっしゃい」の意味で、地元のおばあちゃんたちが、田舎料理で来店客をもてなす。「人の温かさに触れることができるのも山県市の魅力」と山口さんは笑顔で話した。

◆高い交通利便性が人気 林宏優市長

 市役所からJR岐阜駅までバスで約30分、岐阜駅から名古屋駅まで快速電車で約20分と恵まれた立地。バスの本数も多く、便利さを理由に転入してくる人も多い。

 何といっても自然が豊かで、春は鳥羽川の桜並木、夏は円原川、秋は伊自良湖の紅葉、冬は伊自良大実柿の連柿など、四季を通じて楽しめる。

 3月には東海環状自動車道西回りルートの関広見インターチェンジ(IC)―山県IC間が開通。水栓バルブ製造の関連企業約100社が集積する中、物流効率が向上した。近年はICを活用した企業誘致も進めている。

 IC近くにバスターミナルを整備し、来年6月ごろに完成する予定。無料駐車場も設け、「パークアンドライド」を進める。これまで以上に利便性の高さを感じてもらえるはず。

【山県市のアラカルト】

 ▽面積 221平方キロ(県内12位)

 ▽人口 2万7114人(2015年、同21位)

 ▽人口に占める65歳以上の割合 31.5%(同、同13位)

 ▽総生産 742億円(2017年度、同28位)

 ▽1人当たりの所得 270万9000円(同、同31位)

 ▽産業別従業者数の割合(2016年) 1位 製造業(38.3%)2位 卸売・小売業(17.4%)3位 医療・福祉(13.0%)

 ◆12歳の1人当たりの平均虫歯数 0.15本(2016年度、県内最少)

カテゴリ: 動画 政治・行政 社会