岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


FC岐阜4戦ぶり勝利 岩手に4-0、イヨハJ初得点



岩手×岐阜=後半23分、FKを頭で合わせ3点目を決めて笑顔を見せる岐阜のDFイヨハ(右から2人目)=北上
岩手×岐阜=後半23分、FKを頭で合わせ3点目を決めて笑顔を見せる岐阜のDFイヨハ(右から2人目)=北上

 明治安田J3第23節最終日は25日、8試合を行い、FC岐阜は敵地の北上陸上競技場で岩手に4-0で快勝。連敗を3で止め、4試合ぶりの勝利を挙げた。12勝4分け7敗の勝ち点40で5位に浮上し、昇格圏とは勝ち点2差とした。

 岐阜は前半44分、FW高崎が浮き球を胸で落として右足で先制点。後半6分、CKにDF甲斐が飛び込んでヘディングシュートで加点すると、23分にはFKにDFイヨハが頭を合わせてJ初得点を奪った。さらに試合終了間際にMF川西が駄目押しした。

 先制点もCKからの流れで、仲田監督は「セットプレーから点が取れて楽な展開になった」と振り返った。「キックの質がよかった。そこで決まった」といずれもキッカーを務めたFW粟飯原をたたえ、岩手の秋田監督は「セットプレーは安定感を持ってやってきたが、岐阜のクオリティーの高さに沈んだ」と嘆いた。

 守っても9試合ぶりの無失点。仲田監督は「全員で守備の意識を持てた。(前線の)高崎、川西がしっかり追ってくれて(パスの)出どころを抑えられた」と話した。

 次節の岐阜は31日、ホームの長良川競技場で4位の相模原と対戦する。

カテゴリ: FC岐阜