岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


GoTo食事券おあずけ ファミマで発券できず...原因は用紙切れ



ファミリーマートの入り口に掲示された「GoToイート」食事券の発券停止を知らせる貼り紙=29日午後、岐阜市内
ファミリーマートの入り口に掲示された「GoToイート」食事券の発券停止を知らせる貼り紙=29日午後、岐阜市内

◆「お粗末」客憤る

 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する「Go To イート」を巡り、プレミアム付き食事券の受け取りができる岐阜県内のコンビニ「ファミリーマート」の一部で発券手続きができないとの声が、「岐阜新聞 あなた発!トクダネ取材班」に相次いで寄せられている。県内では26日に販売と利用が始まったが、短期間に発券が集中し、チケット用紙が不足したことが原因。29日も一部店舗で発券できない状況が続いている。

 購入額の25%が上乗せされる「イート」の食事券はインターネットか電話で申し込み、発券を受託したファミリーマートの店頭端末で引換票を出力、レジで会計後、食事券を受け取れる仕組み。羽島郡笠松町の63歳男性は「3軒回ったが、どこも用紙切れ。発券の再開は未定とのことで、あまりにもお粗末」と憤る。

◆還元率高い岐阜市に人気集中

 特に発券できない店舗が多いのが岐阜市だ。市は31日まで、市内の対象店舗において指定のキャッシュレス決済サービスで支払った場合、利用額の最大20%(上限は1回あたり千円相当)をポイント還元するキャンペーンを実施している。近隣県の食事券でも、市内のファミリーマートで発券し、キャッシュレス決済をすれば千円分のポイント還元が受けられるため、40代男性は「市外や県外の人が、岐阜市内のファミマに殺到しているのではないか」と推察する。

 市経済部には26日以降、1日10件ほどのキャンペーンに関する問い合わせが寄せられている。県外住民からの電話もあったという。担当者は「もともと市内経済の活性化のための施策。こうした使い方は想定外で、市としては、市内の対象店舗ならポイント還元が誰でも受けられるとしか案内できない」と話す。SNS(会員制交流サイト)には「岐阜の発券、用紙切れでできないとこばかり」「どこのファミマ(15店舗くらい電話した)も用紙なしで発券できない」といった声が上がっている。

 ファミリーマートは岐阜をはじめ12府県で発券を担っており、大阪や熊本などでも同様のトラブルが発生。公式ホームページにおわび文を掲載し、用紙の準備が整い次第、順次発券を再開するとしている。一部地域や店舗で想定を上回る発券があったためにチケット用紙の不足が生じたとし、担当者は「多大なご迷惑をお掛けしていることを深くおわびする。早急に発券できるよう、供給体制を整えていく」と説明した。

 こうした状況から県キャンペーン事務局では、食事券の発券期限の延長を検討している。同事務局によると、県内のファミリーマート約350店舗のうち、岐阜市街地の多くの店舗が発券を停止しているという。

   ◇

 岐阜新聞は、暮らしの疑問や地域の困り事から行政・企業の不正告発まで、情報提供や要望に応え、調査報道で課題解決を目指す「あなた発!トクダネ取材班」を創設しました。あなたの知りたいこと、困っていることについて、ご要望や情報をお寄せください。LINEの友だち登録で取材班と直接やりとりもできます。

カテゴリ: 政治・行政 新型コロナウイルス 社会