岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


雲海見れたらレア!神秘的 安峰山でシーズン到来



古川盆地を覆う雲海=飛騨市古川町上気多、安峰山山頂展望台
古川盆地を覆う雲海=飛騨市古川町上気多、安峰山山頂展望台

 秋の深まりを古川盆地に告げる雲海が、岐阜県飛騨市古川町の安峰山(1058メートル)で見頃を迎えている。快晴の朝には雲が町を包み込むような神秘的な光景が広がっている。

 古川盆地の雲海は、夜の冷えた空気が盆地の底にたまって起きる朝霧を上から見た景観。昼夜の寒暖差が大きくなる春先と晩秋の快晴で風が弱い日の朝に発生しやすいとされる。盆地を一望できる安峰山山頂展望台(同町上気多)が撮影スポットとして人気だ。

 条件がそろった31日朝、展望台からは雲海から顔を出すように白山や乗鞍岳、紅葉の山々を見渡すことができた。写真愛好家や家族連れらが記念撮影を楽しんでいた。

 家族で訪れた女性(37)=同町上町=は「雪が降る前の雲海を毎年楽しみにしている。子どもに見せられてよかった」と喜んだ。

カテゴリ: おでかけ 写真ニュース




関連記事