岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜県で新たに3人感染確認 クラスター規模拡大



 岐阜県と岐阜市は7日、新たに岐阜市と可児市で計3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者数は累計729人となった。

 県によると、多治見市の製造業者で発生したクラスターに関し、可児市の40代男性社員の陽性が新たに判明。この製造業者のクラスター規模は11人となった。

 この他、岐阜市の20代男性と30代男性の感染が判明した。退院者は1人。

 岐阜市は7日、同市の芸能事務所で発生したクラスター(感染者集団)を巡り、感染者の多くがハニカムプロモーションに所属する女性アイドルグループ「蜂蜜★皇帝(エンペラー)」と「miel(ミエル)」のメンバーで、2グループが約2週間の間に県内を含む1都1府3県で計14回のライブや撮影会などを行っていたと発表した。愛知県はこの日、メンバーの20代女性の感染を新たに確認し、クラスター規模が15人に拡大した。

 市は10月23日以降のグループの活動履歴を公表し、ライブ規模や参加人数を調べている。東京都、京都府、愛知県、石川県のライブハウスなどで活動しており、岐阜県内では10月25日にハートフルスクエアーG(岐阜市)で撮影会を開いた。感染拡大防止を図るため、ハニカムプロモーションがグループ名などの公表に協力した。

 岐阜市などは、現時点で判明している感染者の接触者約15人を検査する予定。また、グループの活動に参加した人に市保健所、電話058(252)0393へ連絡するよう呼び掛けている。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会