岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


金華山周辺にリュウキュウサンショウクイ 岐阜県内初確認



県内で初めて確認されたリュウキュウサンショウクイ=岐阜市の金華山周辺
県内で初めて確認されたリュウキュウサンショウクイ=岐阜市の金華山周辺

 沖縄と九州南部に分布するサンショウクイ科の鳥「リュウキュウサンショウクイ」が、岐阜市で見つかった。近年、分布域を広げているが、日本野鳥の会岐阜によると、県内では初の確認例になる。

 リュウキュウサンショウクイは、県内でも夏季に観察されるサンショウクイと別の亜種で、胸の濃い灰色の体羽が特徴。2000年以降、四国や近畿、関東で確認例が相次いでいる。

 7日朝に金華山周辺で撮影した梶浦敬一さん(78)=岐阜市=は「1週間ぐらい前から『ピリピリピリ』という声が聞こえていたので警戒していたら、目の前に飛んできた。撮れて感動した」と初確認を喜ぶ。

 日本野鳥の会岐阜の大塚之稔顧問(66)は「定着するかどうかは不明だが、冬でも食べるだけの昆虫があるからいるのだろう。気候変動が関係しているのかもしれない」と話している。

カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース