岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


中庭に晩秋彩る幻想美 江戸期の商家、旧今井家ライトアップ



奥座敷から望むことができるライトアップされた中庭=美濃市泉町、旧今井家住宅
奥座敷から望むことができるライトアップされた中庭=美濃市泉町、旧今井家住宅

 江戸中期の商家で岐阜県美濃市文化財に指定されている旧今井家住宅(同市泉町)の中庭のライトアップが15日までの3日間行われた。今週末20~22日も行われる。

 ライトアップは初の試み。うだつの上がる町並みやその周辺に古民家を活用したホテルや宿泊特化型ホテルが整備されたことを受け、宿泊者に夜間の観光スポットとして楽しんでもらえたらと、試験的に企画された。

 奥座敷から中庭を眺めると、真っ赤に染まったドウダンツツジが美しく、秋の情緒が楽しめる。美しさを体感してもらおうと、障子やガラス戸を外し、開放的にした。窓枠を額縁に見立てた額絵のようにも見える。

 町並み一帯で「あかりの町並み 美濃」が始まったこともあり、3日間とも市民や観光客らが多く来場して観賞を楽しんだ。発案した古川英孝館長(67)は「江戸時代にタイムスリップしたような空間に浸ってもらえたら」と話した。

 20~22日は午後5時30分から同8時まで。ライトアップする時間帯は入館無料。問い合わせは旧今井家住宅、電話0575(33)0021。

カテゴリ: おでかけ スポーツ