岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜県内19人感染 岐南町で8人のクラスター確認



 岐阜県と岐阜市は18日、県内9市町などで計19人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。感染者数は累計855人となった。羽島郡岐南町では接客を伴う飲食店の従業員と家族計5人の陽性が分かり、既に感染が判明している元従業員と家族の3人と合わせて計8人のクラスター(感染者集団)と確認された。クラスター発生は2日連続で、11月に入って6件目。

 県は、この飲食店が「クラブ サンライズ」(同町伏屋)であると公表した。11月7日以降に出勤した従業員25人を対象に検査を進めており、30~50代の女性4人の陽性が確認されたほか、うち1人の同居家族である岐阜市の40代男性が陽性となった。利用客への連絡を進めている。相談窓口は県健康相談窓口、電話058(272)8860。

 多治見市で17日に確認された飲食店でのクラスターでは、既に感染が判明していた男性従業員と同居する30代の妻と20代の女性の陽性が分かり、クラスター規模は計7人となった。妻のアルバイト先の1人を検査する予定。従業員夫婦の子で、園児1人の陽性が確認されていた同市の小泉保育園では検査した園児ら40人のうち39人が陰性だった。

 美濃加茂市の外国人学校のクラスターでは、新たに男子生徒1人の感染が分かり、クラスターの規模は計20人となった。同居する家族4人の検査を予定している。この日までに教職員と生徒の検査が終了し、教職員は4人、生徒は9人が陽性だった。

 多治見市の製造業者の従業員ら15人が感染したクラスターは濃厚接触者の健康観察期間が終了し、終息を宣言した。

 県内ではこのほか、既に感染が判明していた60代男性の職場の同僚である羽島市の40代男性と20代女性の陽性が判明。名古屋市の陽性患者が今月9~11日に各務原市の実家に帰省していたことが分かり、帰省先の70代の男女と40代の女性の家族3人が感染していた。また、県内の大学に通う瑞穂市の20代男子学生、養老郡養老町の60代男性、羽島郡岐南町の80代男性の陽性も分かった。

 18日発表の感染者は、各務原市と岐南町が4人ずつ、岐阜市、羽島市、多治見市が各2人、瑞穂市、美濃加茂市、瑞浪市、養老町、愛知県在住者が各1人。退院者は7人だった。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会