岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


東西にゃん北四神を探して 招き猫にちなみ「さんぽ市」



「イベントを通じて美濃町の魅力を再発見してほしい」と来場を呼び掛ける園田美佐子さん=美濃市内
「イベントを通じて美濃町の魅力を再発見してほしい」と来場を呼び掛ける園田美佐子さん=美濃市内

 岐阜県美濃市の中心部のうだつの上がる町並みで21、22の両日、「招き猫のさんぽ市」が初開催される。町並みの4カ所に配置されている「猫の四神」のモニュメントを探しながら、町歩きを楽しむイベント。当日は猫にちなんださまざまな企画が楽しめる。

 美濃俵町商店街振興組合が主催。俵町の駐車場を主会場とし、計約50店舗が参加、協賛する。

 猫の四神は、美濃商工会議所が新たな観光の目玉にと2012年に設置した。江戸時代初期、美濃の町を統治した金森長近公が、まちづくりに「四神相応」の思想を取り入れた歴史にちなみ、青龍、白虎、朱雀、玄武の姿を刻んだ猫の木彫りを製作した。木彫りは経年劣化で傷んでいたため、今回のために有志が表面を磨くなどして補修した。

 2日間とも町の周遊を促すスタンプラリーを行う。参加店で買い物をして猫のシールを3枚集めると、景品が当たる抽選会に参加できる。猫のコスプレ撮影会、猫の切り絵体験のほか、山田家住宅ではクリエーターの作品、焼き菓子を販売するマルシェもある。21日は猫の専門家による話や犬・猫相談会もある。

 発案者は同町に移住し、イタリア料理店を営む園田美佐子さん(48)。店の近くにある猫の木彫を観光客がなでたり、記念撮影したりする姿を見てヒントを得たという。「より多くの人に美濃町の魅力を知ってもらいたい」と意気込む。「県感染警戒QRシステム」を活用するなど、新型コロナウイルス対策も行う。

 両日とも午前10時から午後4時。詳しい内容は美濃商工会議所のホームページのリンクを通じて確認できる。問い合わせは同商議所、電話0575(33)2168。

カテゴリ: おでかけ