岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


「可児才蔵コミバス」参る 墨絵をデザイン



可児才蔵の墨絵をデザインした新車両=御嵩町役場
可児才蔵の墨絵をデザインした新車両=御嵩町役場

 岐阜県御嵩町は、町ゆかりの戦国武将・可児才蔵の墨絵をデザインしたコミュニティバスの新車両を24日から運行する。20日に町役場でお披露目式があった。

 デザインは大阪在住の墨絵師・御歌頭(おかず)さんによる描き下ろしで、やりを手に笹を背負う荒々しい才蔵のイメージが表現されている。

 才蔵は、同町御嵩の願興寺で生まれたと伝えられており、町は、観光客へのPR強化と地元での認知度アップを狙う。

 お披露目式には関係者ら30人が出席。渡辺公夫町長は「皆さんにかわいがってもらえるデザイン」と紹介した。テープカットの後、試乗会も行われた。

カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース