岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


鬼滅の刃で評判「蓮華岩」の御朱印作成 金色の文字で「一刀両断」



27日から販売する「鬼の一刀岩」やアマビエを表現した御朱印=瑞浪市日吉町、鬼岩ドライブイン御朱印所
27日から販売する「鬼の一刀岩」やアマビエを表現した御朱印=瑞浪市日吉町、鬼岩ドライブイン御朱印所

 瑞浪市の鬼岩観光協会は、大ヒット中の漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」で主人公が修行の末に真っ二つにした岩にそっくりと評判の鬼岩公園の蓮華(れんげ)岩、通称「鬼の一刀岩」の御朱印を作った。27日から毎月最終金曜日に、同市日吉町の鬼岩ドライブイン御朱印所で販売する。

 「鬼滅の刃」の物語序盤で、主人公竈門(かまど)炭治郎が厳しい修行の末、刀で岩を真っ二つに割るシーンがある。御嵩町のドローン業者が、鬼岩公園の小高い山の頂上付近にある蓮華岩とそっくりとSNSで発信すると、ファンの間で評判になった。公園にちなんだ御朱印を販売する同協会は評判にあやかり、「鬼の一刀岩」版も作った。

 「鬼の一刀岩」「一刀両断」などと金色の文字で記した。考案した同協会の川口純一郎さん(36)は「蓮華岩までたどり着いた証しとして御朱印もぜひ入手してほしい」と話す。御朱印は300円から。

 新型コロナウイルス対策に従事する医療関係者を応援する意味を込め、疫病退散の妖怪アマビエを描いた御朱印も発案し、27日と12月25日限定で販売する。1枚千円。医療支援の名目で、県へ売り上げを寄託する。

カテゴリ: おでかけ くらし・文化