岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


昇格圏と1差、必勝 FC岐阜あすアウェー讃岐戦



讃岐戦に向けて調整するFC岐阜のMF川西(左)とFW前田=岐阜市内
讃岐戦に向けて調整するFC岐阜のMF川西(左)とFW前田=岐阜市内

 J3で4位のFC岐阜は28日、敵地のPikaraスタジアムで第30節の讃岐戦に臨む。2連勝中で、昇格圏の2位と現在勝ち点1差。26日の練習後、オンラインで取材に応じた仲田監督は「追う立場。勝ち点3を積み上げていくことが大事」と必勝を誓った。16位の下位チームから確実に勝利を収めたい。

 同日の練習では、明るい声が飛び交い、攻撃の組み立てなどを確認した。2位相模原から6位鳥取まで勝ち点3差にひしめき、2位争いは激しいが、監督は「硬くはなっていない。いい緊張感でできている」と話す。

 7月のホーム戦は1-1で引き分けた。讃岐はその後、システムを3バックに変更し、スタメンも当時とは入れ替わっている。仲田監督は「守備も堅くなっている印象。攻撃は(システムの)ミスマッチを突いてボールを運ぼうとしているので、注意していきたい」と語った。

 前節の藤枝戦で1ゴール1アシストを挙げて勝利に貢献したMF川西は「サイドからの攻撃を多く増やしてチームとして点を取れたら」と意気込む。

カテゴリ: FC岐阜