岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


今年もお疲れさま、小瀬鵜飼の鵜が検診 岐阜県関市



 岐阜県関市で今季の小瀬鵜飼が閉幕したのを受け、シーズンを通じて活躍した鵜の検診が3人の鵜匠宅で行われた。

 検診の血液検査で「ニューカッスル病」「マイコプラズマ病」「ひな白痢病」の感染の有無を調べるため、県中濃家畜保健衛生所の職員らが鵜匠の足立太一さん、足立陽一郎さんと岩佐昌秋さん宅を訪ねた。

 足立太一さん宅では、採血の際、鵜が羽をばたつかせて暴れると、足立さんが鵜の喉をなでたり、「もう少し。頑張ろうな」と優しく声を掛け、鵜をリラックスさせた。

 足立さんは「(新型コロナウイルスの感染拡大で)開幕が例年より遅れるなど厳しいシーズンだった」と振り返り「鵜は毎日触って体調を確認している。餌をたっぷりやるなどして、来シーズンに備えたい」と話した。

カテゴリ: 動画 社会




関連記事